このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビ治療薬

誰でも1つは肌トラブルを抱えていると言われています。

男女ともに多くの人たちを悩ます肌トラブルと言われているのが「ニキビ」です。ニキビは主に10代に発症する思春期ニキビと、20歳を過ぎてから発症する大人ニキビがあります。思春期ニキビと大人ニキビでは原因やニキビのできる箇所に違いがあります。まず思春期ニキビの原因は 皮脂の過剰分泌が最も大きな原因です。ですから皮脂分泌の多いコメカミやTゾーンと言われるオデコや鼻、アゴ、そして頬に出来やすい傾向にあります。一方大人ニキビの原因は古い角質の蓄積と、肌の乾燥などが主な原因です。大人ニキビはUゾーンと言われるフェイスラインに出来やすい傾向にあります。このように思春期ニキビと大人ニキビでは原因が違うため治療方法も異なります。

まず思春期ニキビの治し方です。

先ほど述べたように思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因ですから、ニキビの原因の皮脂を洗顔で綺麗に洗い落とすことです。水やお湯だけで洗顔するのではなく、ニキビケア用の洗顔料を使用して朝と夜洗顔します。そして洗顔の後はニキビケア用の化粧水などで肌を整えます。続いて大人ニキビの治療は洗顔と保湿がポイントです。古い角質を綺麗に洗い流し、化粧水とクリームで保湿を行います。思春期ニキビと大人ニキビでは原因も治療方法も違いますが、思春期ニキビにも大人ニキビにも効果があると話題の薬があります。その薬はアキュテインという薬です。アキュテインは内服薬でビタミンAの一種のイソトレチノイン酸を主成分とする薬です。アキュテインは国内未承認ですが、個人輸入でアキュテインを購入することが出来ます。