このエントリーをはてなブックマークに追加

喘息を治す

喘息の薬を飲むことで発作が抑えられます

 生まれた時から喘息があるという体質の場合、激しい運動をしたり風邪をひくことで症状が出てきます。喘息の症状を抑えるためには、喘息の薬を服用する必要があります。喘息の薬というのは、発作が出た時に症状を抑えるものと、発作が現れないように予防する薬の2種類があります。薬には吸引薬、飲み薬の他にも貼り薬や注射薬もあります。医師が症状に合わせて処方してくれます。発作というのはいつ起こるかわかりませんので、自己判断で薬の服用をやめるというようなことは、してはいけません。また、薬を飲めばすぐに完治するというものでもありませんので、長期的に治療を続ける必要があります。喘息は治らない病気ではありません。長期的に薬を服用することで必ず治ります。あきらめないで治療をするようにしましょう。

予防で飲む薬があるということは心強いです

発作が出ないために飲むことができる喘息の薬があるということは心強いと思います。中には普段は大丈夫だからといって喘息の薬を飲まないで発作を起こしてしまう方もいるようです。大人になると仕事もありますしいろいろと忙しいので周りに迷惑をかけないためにも喘息の薬を上手に使っていきくようにしましょう。 喘息の発作の苦しみは体験したことのある方でないと分からないと思います。分かるからこそ予防して欲しいと思います。咳が続いて苦しい思いをするのは自分です。喘息の薬との付き合いは長くなるかもしれませんがよい味方だと思ってください。 喘息の薬を飲むにあたり様々な不安があるかと思いますが医師や薬剤師に相談ができるので安心して服用できます。